ウーマン

オールインワン化粧品は一つで多くの美容効果が得られる

妊婦さんが気をつけること

クリーム

お腹に赤ちゃんが宿った時に、妊婦が気をつけないといけないのが妊娠線です。妊娠線とは、お腹の皮膚の真皮が裂けてできる断裂跡のことです。特に妊娠中は、体の変化で肌が乾燥しやすく水分が不足しがちになります。そうなると、通常時よりも肌の柔軟性や弾力がなくなってしまいます。そのため、お腹が大きくなるとともに、肌が耐えられなくなります。その結果、真皮層で亀裂ができやすくなるのです。妊娠線の恐ろしい所は、一度できてしまうと完全に消す事が不可能な事です。時間の経過とともに目立たなくなりますが、綺麗な肌に戻すことはできないです。そのため、妊娠が分った時から、妊娠線ができないように予防ケアをすることが大事といえます。

妊娠線ができるのを予防するためには、クリームで保湿ケアを行うことをおすすめします。クリームを塗布する事で、乾燥しがちな肌に十分な潤いを与えられます。その結果、皮膚を柔らかく弾力のある状態にできるので、妊娠線ができにくくなります。クリームを塗布する時のポイントは、入浴後によくマッサージしながら塗布する事です。マッサージする事で、皮膚を柔らかくして浸透を良くすることができます。その他のポイントは、とにかく毎日、たっぷりと保湿クリームを塗りこむことです。女性は妊娠すると体調が変化するので、クリームを塗ることを煩わしく感じる傾向に有ります。しかし、数日クリームを塗ることをさぼっただけで、急に妊娠線ができてしまいます。なので、毎日、ケアを続ける事が大事です。